忍者ブログ
ワラタ2ッキが消されてしまったので、過去ログ乗せておきます。
カウンター
プロフィール
HN:
名無し@997
年齢:
-30
性別:
男性
誕生日:
2050/07/07
職業:
パトリオット
趣味:
宇宙遊泳 隕石鑑賞
自己紹介:
ワラタ2ッキはおもしろかったので、
アフェなしでやってくれないのかな?

りんくふり~です。
ブログ内検索
CM
(11/12)
(12/15)
(10/23)
(03/15)
(03/15)
(03/15)
(03/14)
(03/14)
(03/14)
(03/13)
最新トラックバック
(10/22)
(10/21)
(10/21)
(10/21)
(10/21)
バーコード
[1291] [1290] [1289] [1288] [1287] [1286] [1285] [1284] [1283] [1282] [1281]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



835 :本当にあった怖い名無し :2005/08/07(日) 22:48:27
黒柳徹子が新幹線に乗っていると、向こうからやって来た青年がにこやかに挨拶した。
その青年の顔に黒柳は見覚えがある。
しかし、どうしても、名前が思い出せない。
その上、彼とどこで知り合い、どんな人間であるかも覚えていない。
その青年の素性を確認すべく、
「お父さまは、お元気かしら?」と黒柳は質問してみた。
「ええ、おかげさまで元気です」と青年は答えた。
そうか、それならば父親のことをもうちょっと詳しく訊いてみよう。
そうすれば、この青年が誰であるか、思い出せるかも知れない。
「ところで、お父さまは、今、何をしてらっしゃるの?」
黒柳徹子は青年にこう質問した。
「ああ、相変わらず、総理大臣をやってます」
なぜか寂しげな表情で小泉孝太郎は答えた。

PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]