忍者ブログ
ワラタ2ッキが消されてしまったので、過去ログ乗せておきます。
カウンター
プロフィール
HN:
名無し@997
年齢:
-33
性別:
男性
誕生日:
2050/07/07
職業:
パトリオット
趣味:
宇宙遊泳 隕石鑑賞
自己紹介:
ワラタ2ッキはおもしろかったので、
アフェなしでやってくれないのかな?

りんくふり~です。
ブログ内検索
CM
(11/12)
(12/15)
(10/23)
(03/15)
(03/15)
(03/15)
(03/14)
(03/14)
(03/14)
(03/13)
最新トラックバック
(10/22)
(10/21)
(10/21)
(10/21)
(10/21)
バーコード
[1085] [1084] [1083] [1082] [1081] [1080] [1079] [1078] [1077] [1076] [1075]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



177 名前:   投稿日: 2005/06/22(水) 21:15:04
ブラジルとの死闘を制した試合後、スタジアムの外で(´・ω・`)ショボーンしてるブラジルの子供を見つけた加地。
子供好きの性分ゆえに、いてもたってもいられない彼は子供に走り寄り呟く。

加地「ごめんな。ロベカルがいたらブラジルの勝ちだったと思うよ」
たまたま傍にいた三都主が訳して伝える。
俯いていたその子供は顔を上げ、加地をじっと見つめた。
それから早口で何事か言った後、親指を立てて、その場から走り去った。
わけが分からずキョトンとする加地。
三都主は笑いながら加地の肩をポンと叩き言った。
「次に闘う時までサイドは預けておいてやるよ、だってさ」
加地は思わず少年の去った方向を振り返ったが、既に影も見えなかった。
しばらく無言でたたずむ加地。三都主も何も言おうとはしなかった。
やがて三都主の方に向き直った加地の表情は、苦笑を浮かべながらも、どこか晴れやかだった。
「なら当分は負けられないな。他の国に渡したら、あの子に怒られるからね」

アレから12年後、ワールドカップのピッチに立つ加地の姿があった。
もう年齢的にはピークを過ぎていた。しかし加地は不動の右サイドとして日本代表に君臨していた。昼夜を惜しむ研鑽のたまものだった。

相手は、忘れもしない2005年6月22日ケルンにて、まさかの敗北を日本にプレゼントされたブラジルだった。
最強カナリヤ軍団。受けた屈辱は晴らさねばならなかった。
試合開始直前、10番を背負ったセレソンが加地にゆっくりと近付いてくる。

「…加地」その声に驚き、ふと顔をあげる加地。
「お前は・・・」あの少年だった。
「あの時の約束を果たしに来たよ」逞しくなったセレソンはそう言って笑った。
「・・・望むとところだ」加地の笑顔が弾ける。

日本側の応援スタンドで、その光景を涙ぐみながら見つめる柳沢。
その手に持った三都主の遺影が優しく微笑んでいた・・・。

PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]